【レミニシェンザ】レース振り返り(2021/04/25)

スポンサーリンク

昨日の福島牝馬Sではシルクのディアンドルが
2年ぶりの勝利で見事重賞制覇を達成!
今日のフローラSではシルクのクールキャットが優勝!
オークスへの切符を手に入れました!
今週も一口クラブ絶好調の週でしたが、
自分の出資馬もいつか同じように
活躍してくれたら嬉しいです(*^^*)

さて、今回は4/25の尖閣湾特別へ出走した
レミニシェンザのレース振り返りです。
レースの内容はどうだったのか!
画像とともに振り返ります♪

スポンサーリンク

レミニシェンザ

レミニシェンザ202102_0415

4歳 牝馬
父:オルフェーヴル×母:ディメンティカタ (BMS:Danetime)
(栗東)羽月 厩舎 生産:ノーザンファーム

レース振り返り

25日の新潟競馬(尖閣湾特別・1勝C・芝1800m)に
に出走しました。

今回は14頭立てで7番人気。
近走は気性面の課題もあり、二桁着順続きでしたが
今回は果たして!
レース内容を確認してみましょう♪

スタート

スタートは後方から。

そのまま無理せず後方のポジションを取ります。

道中

道中も後方の位置取り。

近走とは違って折り合いもついており、スムーズに運べています。

3~4コーナーでは徐々に差を詰めつつ上がっていきます。

最終コーナー

最終コーナーを回り、
直線を向いたときはこの位置。
ここまで抑えが効いていたので直線での伸びに期待!

直線

直線では他の馬も追い出しにかかります。
レミニシェンザは進路を探りつつ、といった感じ。

他の馬が伸びたこともあり、前が空きます。
ここから伸びるか…!

なかなか差が詰まらず、伸びはジリジリ…。

そのままなだれ込み、
結果は8着となりました。

レース後コメント

21/4/25  羽月厩舎

25日の新潟競馬ではゆったりめのスタートから後方の位置取り。
直線に向いてをジリジリ脚を伸ばすも8着。

「前回のことを踏まえてじっくりと運ぶ形で進めて、直線も止まることなく脚を使って頑張ってくれているんですけどね…。
帰厩から順調に調整できましたし、ここは巻き返したかったのですが、いい競馬とならず申し訳ありません。
今日は阪神競馬場に臨場しているため、また現地の報告をよく聞いてから今後のプランを考えたいと思います」(羽月師)

スタートしてから少し行きたがる面は見せていましたが、それもすぐに収まり、後方で脚を溜めて悪くない形で進められていました。
直線は上位まで来ることはできませんでしたが、流れひとつでもっと差を詰められるでしょうから、次走では今日以上の走りを期待したいと思います。

レースの感想

結果は残念ながら8着でした。

ゆったりしたスタートから
後方に位置取り、脚を溜める競馬。
直線で大きく弾けることを期待しましたが…
伸びはジリジリで、なだれ込む結果となりました。

前走は行きたがったり抑えたりと
チグハグな内容になってしまいましたが
今回は折り合いもしっかりとついて
スムーズな競馬ができていたと思います。
抑えが効いていた分、
直線では未勝利戦のような一気の脚を期待しましたが
差は詰まらず…。

ただ、大きく離されたわけでもなく、
折り合いをつけて進められたこともあり、
収穫のあるレースだったと思います。
スムーズな競馬で復調、前進してくれる姿が
イメージできる内容でした(*^^*)

レミニシェンザ、今日はお疲れさまでした!
近走と比べて格段に良いレースだったと思います!
次回さらなる前進を期待しています(^^♪


※記載の情報はキャロットクラブの許可を得て掲載しております。

 


ここまでお読みいただき、ありがとうございました♪
良ければ↓押していただけますと励みになります
(*^^*)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ  
にほんブログ村  一口馬主ランキング

1

コメント

タイトルとURLをコピーしました