2022年度キャロット募集検討 No.51-58/栗東入厩馬①

スポンサーリンク

キャロットの2022年度募集馬(2021年産駒)の出資検討です!

今回は募集No.51~58、
栗東入厩予定の

  • ロードカナロア
  • ハーツクライ
  • エピファネイア

産駒の募集馬について!

  1. 種牡馬について
  2. 母の代表産駒の成績
  3. 厩舎について

の3点の切り口からまとめ、検討します。

出資馬がお世話になったことがある
厩舎はその時の印象を交えて記事に
しているので、ミスマッチを防ぐ
ための参考になると嬉しいです。
加えて、昨年度キャロットで兄姉が
募集された馬は、その時の抽選ランク
についても確認していきます。

また、キャロットについては継続的な
出資のため、将来の母馬優先も意識
して検討したいと思います( ˙ᵕ​˙ )

スポンサーリンク

コンテンツ

2022年度募集概要

スケジュール

情報公開・申込受付

募集確定馬リストの公開:
8/12(金)
カタログ電子版と募集馬動画、

測尺・予定育成牧場一覧表の公開:
8/23(火)夕刻
第1次募集申込受付期間:
9/1(木)10時~9/7(水)17時締切
第1次募集申込結果発表:
9/16(金)夕刻
1.5次募集申込受付期間:
9/20(火)正午~9/21(水)正午
1.5次募集申込結果発表:
9/22(木)夕刻

第2次募集申込受付期間:
9/26(月)10時~9/30(金)17時
第2次募集申込結果発表:
10/3(月)夕刻

中間発表

■中間発表①:
9/5(月)18時頃
中間発表②:
9/6(火)18時頃

出資者決定方法

割当方法

■総口数400口
 ①母馬優先(200口)
 ②最優先希望枠
 ③一般出資枠

口数の取り扱い

申込総口数が募集口数を上回った募集馬については
出資可能口数の上限は原則的に5口

スポンサーリンク

出資検討記事

2022年度募集出資検討記事

関東馬

No.1~50、美浦入厩の募集馬の
検討記事はこちらでまとめています!

制度変更と新規入会について

キャロット募集の制度について

  • 新規入会の場合に重要となる変更点をピックアップ
  • 新規入会ベースで2022年度と2021年度の制度の対比
  • 2021年度募集において新規まで回ってきた募集馬の頭数、中間人気、特徴のチェック

等を行い、2022年度の制度変更と
新規入会について考えました!

出資のスタンスについて

出資申込みのスタンスについて
以下の記事で整理しました!

2022年度の募集申込も
ストレスフリーな一口馬主ライフを目指す!
をテーマにします!

そのために大事だと考えている

  • 厩舎との相性
  • 新種牡馬、未出資の種牡馬の産駒への出資

を軸として検討していきます。

母とその産駒の成績まとめ

種牡馬ごとに募集馬の母の現役時
の成績と兄姉の成績を整理しました。
成績をざっと確認したいときにぜひ!

テーマに沿って、新種牡馬を多めに
ピックアップしています( ᐛ )و

2021年度募集振り返り

2021年度の抽選ランクの整理はこちら!

2021年度の申込結果はこちら!

スポンサーリンク

出資検討

  1. 種牡馬について
  2. 母の代表産駒の成績
  3. 厩舎について

の3点をまとめ、検討します。

1.種牡馬についてはその種牡馬の印象、
産駒の出資経験がある場合は
その産駒の成績を振り返ります。

3.厩舎については
今までお世話になったことがある厩舎は、
その時の印象と個人的に感じた相性をもとに。
お世話になったことがない厩舎は、
近年の成績から考えます(*‘∀‘)

今回は栗東入厩のNo.51~58の募集馬について!

ロードカナロア

1世代目から歴史的名牝の
アーモンドアイを送り出し、
2世代目のサートゥルナーリアも活躍。
種牡馬としての評価は初年度から鰻登り!

日本と香港の短距離GⅠを制した
ダノンスマッシュや、ダートで活躍の
レッドルゼルなど、活躍馬は多岐にわたり
自身が活躍した短距離路線だけでなく
様々な条件で活躍する産駒を出しています。
3歳世代もダノンスコーピオンが
NHKマイルCを制し、勢いは継続中!

実績に伴って種付料、募集馬の価格も鰻登り…!
2021年度の種付料は少し落ち着きましたが
それでも高額…!
募集馬の価格も高額なので慎重に
検討したいと思います( ˙ᵕ​˙ )

種付料とサイアーランキング

2019年:種付料1500万 サイアーランキング3位
2020年:種付料2000万 サイアーランキング2位
2021年:種付料1500万 サイアーランキング2位

出資経験

スティクス(シルク)
14戦4勝 現役 古馬OP

カドーダンジュ(キャロット)
1戦0勝 未勝利引退

トリメストラーレ(キャロット)
デビュー前

No.51 リラヴァティの21

父:ロードカナロア
(BMS:ゼンノロブロイ)
牡馬 2/14生 募集総額7,000万
(栗東)池添学厩舎 母馬優先:有
生産:ノーザンファーム

主な産駒
ストゥーティ

2018年産駒 牝馬
父:モーリス
11戦3勝 [3-1-3-4]

池添学厩舎について
厩舎成績

2019年度:33勝(22位)
2020年度:33勝(20位)
2021年度:33勝(22位)

代表的なクラブ管理馬

サラキア(シルク)
カテドラル(キャロット)

出資経験

なし

No.51 感想

母はキャロットの募集馬で
通算成績は23戦5勝。
マーメイドS(G3)で優勝。
桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯
にも出走しました。

池添学厩舎はクラブ馬、社台グループ
生産馬の比率がとても高い厩舎。
キャロットやシルクの高額馬も
何頭か預託されています。
年間勝利数は30勝前後と良好。

馬質の高さゆえかもしれませんが
勝ち上がり率、重賞馬輩出率も
高水準です。クラブ馬が多い中
でも出走数は高い数字のため、
その点は魅力的。

姉にはチューリップ賞(G2)3着、
桜花賞9着のストゥーティ。
1つ上の牡馬は募集されず。
高額ですが母産駒初の牡馬のデビュー
となって活躍できるか、注目です。

スポンサーリンク

No.52 エリティエールの21

父:ロードカナロア
(BMS:ディープインパクト)
牝馬 2/5生 募集総額4,000万

(栗東)藤岡健厩舎 母馬優先:有
生産:ノーザンファーム

主な産駒

初仔です。

藤岡健厩舎について
厩舎成績

2019年度:29勝(27位)
2020年度:29勝(31位)
2020年度:42勝(9位)

代表的なクラブ管理馬

ビオグラフィー(シルク)
グランデマーレ(キャロット)

出資経験

なし

No.52 感想

母はキャロットの募集馬で
通算成績は11戦3勝。
芝の1800~2000mで勝ち星を
あげました。

藤岡厩舎はクラブ比率が高め。
リーディングは上位で安定して
おり、昨年度は42勝と好成績!
勝ち上がり率も高水準( ᐛ )و
重賞は勝率こそそこまでですが、
出走数自体は多く、積極的に
チャレンジしてくれる印象。

また、藤岡兄弟の騎乗が多い
ことも特徴で、そこが気になる
ポイントになるかも( ˙ᵕ​˙ )

祖母はジンジャーパンチで
母の全兄にポタジェ。
アワブラ初年度産駒で早速の
活躍馬の輩出に期待( ᐛ )و

No.53 バウンスシャッセの21

父:ロードカナロア
(BMS:ゼンノロブロイ)
牝馬 3/16生 募集総額5,000万

(栗東)安田隆厩舎 母馬優先:有
生産:ノーザンファーム

主な産駒
グランプレジール

2019年産駒 牡馬
父:モーリス
4戦1勝 [1-0-0-3]

安田隆厩舎について
厩舎成績

2019年度:62勝(1位)
2020年度:46勝(4位)
2021年度:41勝(10位)

代表的なクラブ管理馬

ロードカナロア(ロード)
レッドルゼル(東サラ)
ダイアトニック(シルク)

出資経験

ファジェス(キャロット)
11戦2勝 現役 2勝C

No.53 感想

母はキャロットの活躍馬、
バウンスシャッセ( ᐛ )و
通算成績は16戦5勝で
フラワーC(G3)、中山牝馬S(G3)、
愛知杯(G3)など、重賞を複数勝利。
芝の中距離で活躍しました。

安田隆厩舎はトップクラスの
実力を持つ厩舎。リーディング
上位をキープし、勝ち上がり率、
重賞馬輩出率も高いです。
ロードカナロアやレッドルゼルなど
クラブの活躍馬も多数で、中でも
短距離戦線での実績が凄まじいです。

キャロットのファジェスでお世話に
なっていますが、将来を見据えて
マクり一辺倒の是正を試みたり、
ダートを試してみたりと可能性を
模索していただいていると感じます。
不満は少ないです( ᐛ )و

エピファネイア産駒の兄、
レヴォルタードの昨年度
募集における抽選ランクは
当選:母馬一般、×1最優先
抽選:×無し最優先

でした。

スポンサーリンク

ハーツクライ

シュヴァルグラン、ジャスタウェイ、
リスグラシューなどが代表産駒。

芝中距離の活躍馬を出しており、
王道のG1戦線を狙える種牡馬!
3歳世代ではダービー馬の
ドウデュースを送り出す
大活躍( ᐛ )و

古馬になって本格化する産駒も多く、
1勝できればその後の成長も含めて
楽しむことができて良き

種牡馬引退となり、産駒に出資できる
チャンスも残り少なくなってきました。

種付料とサイアーランキング

2019年:種付料:800万 サイアーランキング2位
2020年:種付料:1000万 サイアーランキング3位
2021年:種付料:プライベート サイアーランキング3位

出資経験

アクロアイト(キャロット)
2戦1勝 引退

セルディアーナ(シルク)
4戦0勝 未勝利引退

レディエンフェイス(キャロット)
デビュー前

No.54 トータルヒートの21

父:ハーツクライ
(BMS:Street Cry)
牡馬 2/21生 募集総額7,000万

(栗東)藤原英厩舎 母馬優先:有
生産:白老ファーム

主な産駒
キャンデセント

2019年産駒 牡馬
父:ディープインパクト
2戦1勝 [1-0-0-1]

藤原英厩舎について
厩舎成績

2019年度:35勝(18位)
2020年度:38勝(11位)
2021年度:30勝(26位)

代表的なクラブ管理馬

ステファノス(キャロット)
シャフリヤール(サンデー)
サブライムアンセム(サンデー)

出資経験

なし

No.54 感想

母はキャロットの募集馬。
マル外で通算成績は30戦5勝。
ダートと芝の短距離で活躍
しました。

藤原英厩舎は栗東の名門厩舎!
クラブ馬率、社台グループ生産馬率
が高いです。
勝ち上がり率、重賞馬輩出率は
高レベルで、OP以上で活躍している
クラブ馬も多いです。

実績は申し分ないですが、
他厩舎への転出が多いので、
見合った成績を収める能力を
持つ馬であることも大事に
なります( ᐛ )و

ドゥラメンテ産駒の姉
サーマルソアリングの昨年度
募集の抽選ランクは
当選:母優+×無し最優先、×無し最優先
抽選:母優一般、一般

でした。

スポンサーリンク

No.55 リリサイドの21

父:ハーツクライ
(BMS:American Post)
牡馬 3/28生 募集総額10,000万

(栗東)藤原英厩舎 母馬優先:無
生産:ノーザンファーム

主な産駒
リスグラシュー

2014年産駒 牝馬
父:ハーツクライ
22戦7勝 [7-8-4-3]
主な勝ち鞍:有馬記念

藤原英厩舎について
厩舎成績

2019年度:35勝(18位)
2020年度:38勝(11位)
2021年度:30勝(26位)

代表的なクラブ管理馬

ステファノス(キャロット)
シャフリヤール(サンデー)
サブライムアンセム(サンデー)

出資経験

なし

No.55 感想

母はフランス産馬で通算成績は
11戦5勝。芝のリステッド競争
で3勝しました。

預託先はまたも藤原英厩舎。
実績十分で楽しみです。

全姉にはリスグラシュー。
プルメリアスターやアラスカ
など、他に複数勝利の産駒も。

全兄のクローヴィスは中央で
未勝利。ロードカナロア産駒の
兄はデビューせずで、母産駒
としては2頭目の牡馬のデビュー
となりそう。

スポンサーリンク

No.56 アルアリングスターの21

父:ハーツクライ
(BMS:Exchange Rate)
牝馬 4/8生 募集総額5,000万
(栗東)斉藤崇厩舎 母馬優先:無
生産:ノーザンファーム

主な産駒
ザッキング

2019年産駒 牡馬
父:Curlin
8戦0勝 [0-1-1-6]

手術歴

2021年4月
右大腿膝蓋関節感染性関節炎により洗浄手術

斉藤崇厩舎について
厩舎成績

2019年度:24勝(43位)
2020年度:34勝(15位)
2021年度:44勝(6位)

代表的なクラブ管理馬

ラウダシオン(シルク)
スリーパーダ(キャロット)
キラーアビリティ(キャロット)

出資経験

なし

No.56 感想

母はアメリカ産馬で通算成績は3戦1勝。
BCジュヴェナイルフィリーズ(G1)
で2着など、ダートで活躍しました。

斉藤崇厩舎は7年目。
ここ最近ググっと成績を伸ばし、
昨年は44勝と素晴らしい結果!
クラブ馬の比率が高く、ラウダシオン、
キラーアビリティなど重賞での活躍馬
も送り出しています。
キャロット、シルク馬が多く預託されて
いますが、勝ち上がり率が高く好相性。
期待も大きいようで、最近は募集総額や
質の高い馬が積極的に預託されている
印象があります。

兄のザッキングは中央ダートで8戦。
全姉のキャラメルシフォンは
セレクトセールで4,400万で取引。
本馬の適性はどう出るか楽しみです。

スポンサーリンク

エピファネイア

初年度からデアリングタクトが
無敗の三冠牝馬に輝きます。
その後もエフフォーリアが
年度代表馬に輝くなど、
勢いが続いています!

3歳世代ではサークルオブライフや
サトノヘリオス、ソネットフレーズ
など、性別・距離を問わず世代GⅠ
に産駒を送り出しています。

産駒の活躍に伴って種付料、募集総額
もドカンと上がっている状態。

現状、産駒は芝での活躍が目立って
いますが、エピファネイア自身は
パワーもある馬だったので今後
ダートでも活躍馬を送り出すかも。
ダートを主戦場とする産駒はまだ
少ないので、今後の傾向に注目
したい( ˙ᵕ​˙ )

種付料とサイアーランキング

2019年:種付料250万 サイアーランキング48位
2020年:種付料500万 サイアーランキング9位
2021年:種付料1000万 サイアーランキング6位

出資経験

エスカミーリョ(シルク)
デビュー前

ボニーゴールドの21(シルク)
デビュー前

No.57 サトノオニキスの21

父:エピファネイア
(BMS:ディープインパクト)
牡馬 2/13生 募集総額5,000万

(栗東)池江泰厩舎 母馬優先:無
生産:ノーザンファーム

主な産駒
オランジー

2020年産駒 牝馬
父:ドレフォン
1戦0勝 [0-0-0-1]

池江泰厩舎について
厩舎成績

2019年度:45勝(6位)
2020年度:38勝(9位)
2021年度:36勝(12位)

代表的なクラブ管理馬

ペルシアンナイト(G1)
ディープモンスター(DMM)

出資経験

なし

No.57 感想

母はミスティックリップスの仔で、
通算成績は通算成績は19戦2勝。
芝の1600mと2000mで勝ち星
をあげました。

預託先は現時点でリーディング1位
の池江厩舎。栗東の名門厩舎で、
勝ち上がり率、重賞馬輩出率も
トップクラス。毎年リーディング
上位をキープしています。

クラブ馬の比率が高く、高額馬が
複数預託されていますが、広尾の
ヴィジャーヤの騎手起用の件など
がいっとき話題になったりも…
どうなんでしょ( ˙ᵕ​˙ )

本馬は2番仔になります。
初仔である姉のドレフォン産駒、
オランジーは昨年度シルクで
募集され、ボーダー等は
・実績ボーダー:45.6万
・総申込数:773(58位)
・抽優申込数:29(65位)
・当選確率:一般抽選35.8%、抽優抽選100%

でした。

スポンサーリンク

No.58 レーヴドゥラメールの21

父:エピファネイア
(BMS:ロードカナロア)
牝馬 1/12生 募集総額4,000万

(美浦)須貝尚厩舎 母馬優先:無
生産:ノーザンファーム

主な産駒

初仔です。

須貝尚厩舎について
厩舎成績

2019年度:35勝(16位)
2020年度:36勝(13位)
2021年度:42勝(8位)

代表的なクラブ管理馬

ブランノワール(シルク)
リアンティサージュ(シルク)
クリダーム(インゼル)

出資経験

スカイロケット(シルク)
デビュー前

No.58 感想

母はサンデーの募集馬で2戦未勝利。

須貝厩舎はクラブ馬の比率が高め。
年間勝利数は30~40勝と高水準で
勝ち上がり率、重賞馬輩出率も
高く、実績はトップクラス。
ソダシの活躍も目立っており、
インゼルのクリダームが2歳で
早速活躍を見せていて勢いを
感じます!
いろいろあって馬房削減となり、
それが不当と裁判になったりと
ここ最近は話題となることが
多かった印象。

出資馬ではシルクのスカイロケット
がお世話になっています。
ゲート試験で苦戦しましたが、
無事に合格!今後の活躍が
楽しみです(*^^*)

魅惑の芦毛ボディ( ˙ᵕ​˙ )
シャルールの21と同じく、
募集総額4000万で今回募集の
エピファネイア産駒では最安値。
レーヴドスカーの系譜で良血
ですが、未勝利の母で初仔と
判断が難しいところ。

スポンサーリンク


以上、2022年度キャロット募集
No.51~No.58、栗東入厩予定の

  • ロードカナロア
  • ハーツクライ
  • エピファネイア

産駒の募集馬についての
出資検討でした。

次回は栗東入厩予定のキズナ、
ドゥラメンテ産駒の募集馬
について検討していきます!

また見ていただけると嬉しいです!


※クラブ公式情報はキャロットクラブの許可を得て掲載しております。

 


ここまでお読みいただき、ありがとうございました♪
良ければ↓押していただけますと励みになります
(*^^*)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ  
にほんブログ村  一口馬主ランキング

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました