2022年度キャロット募集検討 No.19-26/美浦入厩馬④

スポンサーリンク

キャロットの2022年度募集馬(2021年産駒)の出資検討です!

今回は募集No.19~26、
美浦入厩予定の
ニューイヤーズデイ、
ブリックスアンドモルタル、
サトノクラウン産駒の募集馬
について!

  1. 種牡馬について
  2. 母の代表産駒の成績
  3. 厩舎について

の3点の切り口からまとめ、検討します。

出資馬がお世話になったことがある
厩舎は、その時の印象を交えて記事
にしていきます!
加えて、昨年度キャロットで兄姉が
募集された馬は、その時の抽選ランク
についても確認していきます。

また、キャロットについては継続的な
出資のため、将来の母馬優先も意識
して検討したいと思います( ˙ᵕ​˙ )

スポンサーリンク

コンテンツ

2022年度募集概要

スケジュール

情報公開・申込受付

募集確定馬リストの公開:
8/12(金)
カタログ電子版と募集馬動画、

測尺・予定育成牧場一覧表の公開:
8/23(火)夕刻
第1次募集申込受付期間:
9/1(木)10時~9/7(水)17時締切
第1次募集申込結果発表:
9/16(金)夕刻
1.5次募集申込受付期間:
9/20(火)正午~9/21(水)正午
1.5次募集申込結果発表:
9/22(木)夕刻

第2次募集申込受付期間:
9/26(月)10時~9/30(金)17時
第2次募集申込結果発表:
10/3(月)夕刻

中間発表

■中間発表①:
9/5(月)18時頃
中間発表②:
9/6(火)18時頃

出資者決定方法

割当方法

■総口数400口
 ①母馬優先(200口)
 ②最優先希望枠
 ③一般出資枠

口数の取り扱い

申込総口数が募集口数を上回った募集馬については
出資可能口数の上限は原則的に5口

スポンサーリンク

出資検討記事

2022年度募集出資検討記事

関東馬

美浦編①No.1~5はこちら!

美浦編②No.6~10はこちら!

美浦編③No.11~18はこちら!

制度変更と新規入会について

キャロット募集の制度について

  • 新規入会の場合に重要となる変更点をピックアップ
  • 新規入会ベースで2022年度と2021年度の制度の対比
  • 2021年度募集において新規まで回ってきた募集馬の頭数、中間人気、特徴のチェック

等を行い、2022年度の制度変更と
新規入会について考えました!

出資のスタンスについて

出資申込みのスタンスについて
以下の記事で整理しました!

2022年度の募集申込も
ストレスフリーな一口馬主ライフを目指す!
をテーマにします!

そのために大事だと考えている

  • 厩舎との相性
  • 新種牡馬、未出資の種牡馬の産駒への出資

を軸として検討していきます。

母とその産駒の成績まとめ

種牡馬ごとに募集馬の母の現役時
の成績と兄姉の成績を整理しました。
成績をざっと確認したいときにぜひ!

テーマに沿って、新種牡馬を多めに
ピックアップしています( ᐛ )و

2021年度募集振り返り

2021年度の抽選ランクの整理はこちら!

2021年度の申込結果はこちら!

スポンサーリンク

出資検討

  1. 種牡馬について
  2. 母の代表産駒の成績
  3. 厩舎について

の3点をまとめ、検討します。

1.種牡馬についてはその種牡馬の印象、
産駒の出資経験がある場合は
その産駒の成績を振り返ります。

3.厩舎については
今までお世話になったことがある厩舎は、
その時の印象と個人的に感じた相性をもとに。
お世話になったことがない厩舎は、
近年の成績から考えます(*‘∀‘)

今回は美浦入厩のNo.19~26の募集馬について!

ニューイヤーズデイ

産駒は2023年デビュー予定。

アメリカ産馬で通算成績は3戦2勝。
BCジュヴェナイル(G1)で優勝。
骨折により、2歳時の3戦のみで
現役を引退しました。

アメリカで種牡馬となり、
エクリプス賞最優秀3歳牡馬に選出
されたマキシマムセキュリティなど
活躍馬を送り出しました。

アメリカでの種牡馬としての実績
は申し分なく、日本でも大物を
送り出すことに期待したい!

出資経験

デルフィニアⅡの21(シルク)
デビュー前

No.19 ヴィータアレグリアの21

父:ニューイヤーズデイ
(BMS:ネオユニヴァース)
牡馬 4/8生 募集総額3,200万

(美浦)高柳瑞厩舎 母馬優先:有
生産:ノーザンファーム

主な産駒
ピアチェーレ

2018年産駒 牝馬
父:ルーラーシップ
11戦0勝 [0-2-2-7]
(中央6戦0勝)

高柳瑞厩舎について
厩舎成績

2019年度:24勝(44位)
2020年度:14勝(123位)
2021年度:21勝(67位)

代表的なクラブ管理馬

スターズオンアース(社台)
ヴィータアレグリア(キャロット)
パラスアテナ(広尾)

出資経験

なし

No.19 感想

母はキャロットの募集馬でした。
通算成績は13戦4勝。
芝1800mの未勝利戦で勝ち上がり、
1勝Cでは苦戦が続きますが、4歳時
にダートへ挑戦すると頭角を現し、
5歳3月のエンプレス杯で2着。
4月のマリーンC(G3)で優勝しました。

高柳瑞厩舎はクラブ馬の比率が高め。
ロードの馬が多く預託されています。
勝ち上がり率は33%と平均的。
全体的にダートの成績が良いです。
3歳世代はスターズオンアースが
桜花賞とオークスを勝って2冠。
今後の飛躍も楽しみです!

初仔から牝馬が続きましたが
ここで待望の牡馬。ダートでの
活躍に期待が膨らみます(*^^*)

スポンサーリンク

No.20 チアズメッセージの21

父:ニューイヤーズデイ
(BMS:サンデーサイレンス)
牡馬 5/9生 募集総額3,000万

(美浦)中舘英厩舎 母馬優先:無
生産:ノーザンファーム
セレクトセール取引価格:2,200万

主な産駒
クリプトグラム

2012年産駒 牡馬
父:キングカメハメハ
10戦5勝 [5-2-0-3]

ビオグラフィー

2017年産駒 牝馬
父:ロードカナロア
18戦5勝 [5-0-0-13]

中舘英厩舎について
厩舎成績

2019年度:21勝(64位)
2020年度:31勝(22位)
2021年度:25勝(48位)

代表的なクラブ管理馬

クラックオブドーン(G1)
イベリスリーフ(サンデー)

出資経験

エルフォルク(キャロット)
デビュー前

No.20 感想

母は3歳2月のエルフィンS(OP)で優勝。
チューリップ賞(G3)3着の後、
桜花賞で17着、オークスで9着。
4歳時には京都牝馬S(G3)で重賞制覇。
芝のマイル~中距離の重賞で活躍し、
通算成績は31戦5勝でした。

中舘厩舎は最近調子を上げていて
これまでの20勝前後と比べ、
一昨年は大躍進の31勝。
昨年は25勝、今年度もすでに15勝
と勢いを感じます。
お世話になるキャロットの2歳馬
エルフォルクはゲート試験に合格、
デビューに向けて帰厩しています。
厩舎の勢いに乗って今後の活躍が
楽しみです( ᐛ )و

キャロット、シルクでもOP勝ち
重賞勝ちの産駒も送り出していて
繁殖能力は間違いなし( ᐛ )و
高齢になってきていますが、
2019年産のメッセージソングも
勝ち上がっていて、活力はまだ
備わっていそう( ˙ᵕ​˙ )

No.21 スペクトロライトの21

父:ニューイヤーズデイ
(BMS:ディープインパクト)
牝馬 1/26生 募集総額2,400万

(美浦)田中剛厩舎 母馬優先:有
生産:ノーザンファーム

主な産駒
ライトウォーリア

2017年産駒 牡馬
父:マジェスティックウォリアー
19戦5勝 [5-1-1-12]

田中剛厩舎について
厩舎成績

2019年度:7勝(159位)
2020年度:13勝(129位)
2021年度:12勝(136位)

代表的なクラブ管理馬

フェデラリスト(社台)

出資経験

なし

No.21 感想

母はキャロットの募集馬で
通算成績は12戦2勝。
ダート1600m、1800mで
勝ち星をあげました。

田中剛厩舎はキャロット馬の
預託はレア。ロゴタイプなどで
実績を残しています。
勝ち上がり率は22%で厳しい数字。

モーリス産駒の姉であるユレマー
も昨年度キャロットで募集。
抽選ランクは
当選:×無し最優先
抽選:一般

でした。

出資馬ユレマーの妹ということ
もあり、気になります( ˙ᵕ​˙ )

スポンサーリンク

No.22 アンジュシャルマンの21

父:ニューイヤーズデイ
(BMS:マンハッタンカフェ)
牝馬 2/3生 募集総額2,000万

(美浦)伊藤大厩舎 母馬優先:有
生産:ノーザンファーム

主な産駒

デビューした産駒はいません。

伊藤大士厩舎について
厩舎成績

2019年度:13勝(122位)
2020年度:10勝(148位)
2021年度:11勝(141位)

代表的なクラブ管理馬

オンリーオピニオン(ラフィアン)
ポートナイトサイト(ライオン)

出資経験

フラッシュノワール(キャロット)
8戦0勝 未勝利引退

スタックオンユー(キャロット)
2戦0勝 未勝利引退

No.22 感想

母はキャロットの募集馬。
2歳6月に芝1400mの新馬戦
で早期デビューで新馬勝ち。
続く新潟2歳S(G3)では10着。
通算成績は4戦1勝でした。

伊藤大厩舎は年間勝利が10勝強と低調。
勝ち上がり率も19%と厳しい数字。

出資馬ではフラッシュノワール
とスタックオンユーがお世話に
なりました。
フラッシュノワールはもう少しいろいろ
な距離を試してもらえたらな…と
当時思っていましたが、体質と脚元
の不安を抱える中、良く使って
いただけたと思います。

母は現役時代ケガに悩まされましたが
本馬は体質面はどうか( ˙ᵕ​˙ )

兄である初仔のロジドレフォンは
セレクトセールで5,940万円で
取引されていて、今後の活躍馬
の輩出が楽しみです。

スポンサーリンク

ブリックスアンドモルタル

産駒は2023年デビュー予定。

アメリカ産馬で通算成績は13戦11勝。
BCターフ、アーリントンミリオンS、
ターフクラシックSなどG1で5勝。
2019年のアメリカの年度代表馬に
輝きました。

現役時は距離を問わず強さを見せ、
鳴り物入りでスタッドイン。
セレクトセール2022では産駒の
アウェイクの22が3億超えで落札
されるなど、注目を集めています。

大物感が漂う種牡馬で、産駒の
大活躍に期待が膨らみます( ᐛ )و

種付料とサイア―ランキング

2020年:種付料600万
2021年:種付料600万

出資経験

なし

No.23 エスティタートの21

父:ブリックスアンドモルタル
(BMS:ドリームジャーニー)
牝馬 2/24生 募集総額2,000万

(美浦)奥村武厩舎 母馬優先:有
生産:白老ファーム

主な産駒

デビューした産駒はいません。

奥村武厩舎について
厩舎成績

2019年度:10勝(142位)
2020年度:19勝(68位)
2021年度:21勝(66位)

代表的なクラブ管理馬

テルツェット(シルク)
ルミナスウォリアー(サンデー)

出資経験

サーマルウインド(キャロット)
5戦2勝

No.23 感想

母はキャロットの募集馬でした。
京都牝馬S(G3)3着、シルクロードS(G2)
2着など、短距離戦線で活躍し、通算成績
は24戦5勝でした。

預託先はまた登場の奥村武厩舎。
2019年は10勝と調子を落としましたが
それ以外の年は20勝前後とまずまずの成績。
出資馬ではキャロットのサーマルウインド
がお世話になっています。
岩田康騎手とのコンビがハマり、
3歳春で2勝と良い成績を出して
いただいています。

本馬は2番仔で、初仔の兄である
ヴィヴィッシモもキャロットで
募集されました。
抽選ランクは
当選:×無し最優先
抽選:母優一般、一般

でした。

スポンサーリンク

No.24 パルティトゥーラの21

父:ブリックスアンドモルタル
(BMS:マンハッタンカフェ)
牝馬 3/12生 募集総額2,800万

(美浦)和田正厩舎 母馬優先:有
生産:ノーザンファーム

主な産駒

デビューした産駒はいません。

和田正厩舎について
厩舎成績

2019年度:17勝(97位)
2020年度:19勝(83位)
2021年度:17勝(81位)

代表的なクラブ管理馬

テルツェット(シルク)
ルミナスウォリアー(サンデー)

出資経験

ソレア(キャロット)
デビュー前

No.24 感想

母はキャロットの募集馬でした。
通算成績は12戦3勝でいずれも
芝1600mで勝利。ダートは1度
走りましたが10着でした。

和田正厩舎はクラブ馬の比率が高く、
最近だとテルツェットが活躍。
例年20勝弱で成績は平凡ながら
オジュウチョウサンやライオンボスなど
尖った才能を持つ馬を活躍へ
導いているイメージです( ˙ᵕ​˙ )

祖母はフォルテピアノでキャロット
ではなじみ深いアワブラ血統。

サトノクラウン産駒の兄、
タスティエーラも昨年度に
募集されました。
抽選ランクは
当選:×1最優先
抽選:×無し母優+最優先、×無し最優先

となかなかの人気でした。

No.25 フレジェールの21

父:ブリックスアンドモルタル
(BMS:アグネスタキオン)
牝馬 4/24生
 募集総額2,000万
(美浦)堀宣行厩舎 母馬優先:有
生産:社台ファーム

主な産駒
フィルストバーン

2016年産駒 牡馬
父:エイシンフラッシュ
29戦3勝 [3-3-1-22]

堀厩舎について
厩舎成績

2019年度:54勝(3位)
2020年度:48勝(3位)
2021年度:35勝(14位)

代表的なクラブ管理馬

ドゥラメンテ(サンデー)
サリオス(シルク)

出資経験

なし

No.25 感想

母は社台ファーム生産馬。
産駒は社台やG1で募集された
こともあります。

また登場の堀厩舎は美浦の名門。
リーディング上位で勝ち上がり率
や重賞馬の輩出率も高レベル!
クラブ馬比率が高く、社台グループ
生産馬も多く管理しており、しっかり
と実績を出しています。

中央未勝利の産駒もいますが、
エバーキュートやフィルストバーン
など複数勝利馬も。
母は芝で活躍しましたが、産駒は
ダートで活躍することが多く、
本馬の適性がどう出るか楽しみ。

スポンサーリンク

サトノクラウン

産駒は2022年度デビュー。

現役時代は香港ヴァーズ、宝塚記念
などで優勝。
天皇賞秋ではキタサンブラックの2着
と芝の2000~2400mで活躍。

不良馬場も得意でタフさが
要求されるレースで良績を残した他、
上がりの速い脚を使うこともでき
スピード能力も優れていました。

クラックオブドーンがデビュー勝ち。
産駒のJRA初出走で初勝利を飾り
幸先の良いスタートを切っています。

種付料とサイア―ランキング

2019年:種付料100万
2020年:種付料150万

2021年:種付料150万

出資経験

ブリックスダール(キャロット)
デビュー前

クラウンモチーフ(シルク)
デビュー前

No.26 ケイティーズハートの21

父:サトノクラウン
(BMS:ハーツクライ)
牝馬 3/19生 募集総額4,000万

(美浦)鹿戸雄厩舎 母馬優先:有
生産:ノーザンファーム

主な産駒
エフフォーリア

2018年産駒 牡馬
父:エピファネイア
9戦6勝 [6-1-0-2]
主な勝ち鞍:有馬記念

手術歴

2021年10月
腎脾間膜エントラップメントにより開腹手術

鹿戸厩舎について
厩舎成績

2019年度:25勝(37位)
2020年度:25勝(44位)
2021年度:28勝(33位)

代表的なクラブ管理馬

エフフォーリア(キャロット)
レッドヴェイロン(東サラ)

出資経験

なし

No.26 感想

JRA年度代表馬、JRA最優秀3歳牡馬
となったエフフォーリアを送り出した
ケイティーズハートの牝馬。

預託先は兄のエフフォーリアと
同様、鹿戸厩舎。
クラブ馬の比率が高い厩舎です。
社台グループ生産馬の割合が高いですが、
馬質の良さに応えてしっかりと実績を
あげている印象。

モーリス産駒の姉ペリファーニア
は昨年度5600万円で募集。
抽選ランクは
当選:母優一般、×無し最優先
抽選:一般

でした。

年度代表馬の半妹と考えると
募集総額4000万は…
もしかしたらお買い得?( ˙ᵕ​˙ )

スポンサーリンク


以上、2022年度キャロット募集
No.19~No.26、美浦入厩予定の
ニューイヤーズデイ、
ブリックスアンドモルタル、
サトノクラウン産駒について
出資検討まとめでした!

次回は美浦入厩予定の
ハービンジャー、リアルインパクト、
レイデオロ、ミッキーアイル産駒の
募集馬について検討します

また見ていただけると嬉しいです!


※クラブ公式情報はキャロットクラブの許可を得て掲載しております。

 


ここまでお読みいただき、ありがとうございました♪
良ければ↓押していただけますと励みになります
(*^^*)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ  
にほんブログ村  一口馬主ランキング

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました